日付型のフォーマット変更方法(nls_date_format)

nls_date_format パラメータで、日付型の表示フォーマットを変更できる。

以下はセッション単位で日付フォーマットを変更する例。

(1) フォーマットの事前確認

SQL> select sysdate from dual;

SYSDATE
--------
12-03-14

–> RR-MM-DD 形式になっている
 

(2) 接続しているセッションのみ、フォーマット形式を変更

SQL> alter session set nls_date_format='YYYY/MM/DD HH24:MI:SS';

セッションが変更されました。

 

(3) フォーマットの事後確認

SQL> select sysdate from dual;

SYSDATE
-------------------
2012/03/14 23:22:43

–> YYYY/MM/DD HH24:MI:SS 形式で出力されている。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ