OS認証の仕組み

OS 認証は、OSDBA と OSOPER という2つのグループで定義されている。
※ OS のグループはプラットフォームにより異なる。

この認証を使用すると Oracle ユーザ名やパスワードを入力する必要はない。


OS認証

プラットフォームの違い

Windows なら ORA_DBA と ORA_OPER だが、Unix/Linux なら dba と oper 。

OS ユーザを作成・グループに追加(Unix/Linux)

useradd [-g dba]

SYSDBA 権限でログイン

% sqlplus / as sysdba

管理ユーザとして認証され、データベースに接続できる。

OS での認証が効いているので、 sqlplus hoge/hoge のように
ユーザ名やパスワードを入力する必要はない。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ