バックアップモードの切替方法

物理バックアップには、Oracle データベースを停止して取得するコールドバックアップ
と、起動状態のままバックアップモードに切替えて行うオンラインバックアップ
(=ホットバックアップ)がある。

24H365D 稼動のシステムなど、バックアップのためにデータベースを
停止できない環境では、オンラインバックアップを選択することとなる。

起動中にバックアップを取得する場合、1 度にデータベース全体をバックアップモードに
切替えてしまった方が楽だが、バックアップモード中の REDO ログ生成量が増えるという
ネックもある。これが許容されない場合は、表領域単位で行うことで対処する。

また、バックアップモードに切替える際は、アーカイブログモード
でなければならないという制約がある。
(ノーアーカイブだとコールドでしか取得できない)

 

データベース全体

-- バックアップモード開始
SQL> alter database begin backup;

-- バックアップモード終了
SQL> alter database end backup;

 

表領域単位

-- バックアップモード開始
SQL> alter tablespace <対象表領域> begin backup;

-- バックアップモード終了
SQL> alter tablespace <対象表領域> end backup;


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ