制御ファイル全損障害からのリカバリ方法

制御ファイルが全損。

データファイル全損障害時のリカバリと同様、
これも重めだが、バックアップが取れていればリカバリ可能だ。
ここではオンラインバックアップからの戻しを想定した、メディアリカバリの流れを解説する。


リカバリ手順

(1) アラートログを参照しエラー状態を確認

発生し得るエラーは、ORA-00205 などがある。
※以後、別ウィンドウで tail -f コマンドでアラートログを
参照しつつ作業することをお勧めする。

(2) データベースの接続確認

$ sqlplus / as sysdba

ログインできた場合は abort オプションで強制シャットダウン
この場合、デフォルトの normal や immediate は不可。

SQL> shutdown abort

(3) バックアップからデータファイルをリストア

オンラインバックアップで取得したデータファイルを OS コマンドで戻す。

(4) マウントモードで起動

$ sqlplus / as sysdba

停止状態のため、 アイドル・インスタンスへ接続 と表示される。

SQL> startup mount

正常にマウントされることを確認。

(5) リカバリ実施

SQL> recover database using backup controlfile;

後は自動的にアーカイブからリカバリが行われるが、
途中で以下が出力した場合は手動で対応が必要となる。

---------------------------------------------------------
検討すべきログ・ファイル:<アーカイブログファイル>

ログの指定: {=suggested | filename | AUTO | CANCEL}
---------------------------------------------------------

この場合、アーカイブログファイルのフルパスを指定し Enter を押下するのだが、
困ったことに、アーカイブログそのものが出力されていないのに、
ログ順序番号以上のファイルを要求される場合がある。

これは予想だが、ログスイッチされ順序番号が繰り上がったものの、障害の影響により、
アーカイブが正常に行われなかった可能性が高いのではないかと思う。

そこで、最新の REDO ログファイルを指定してみると対処が可能であった。

ログの指定: {=suggested | filename | AUTO | CANCEL}

この後に、REDOログファイルのフルパスを指定し Enter を押下。

正常に適用が行われると、以下のメッセージが出力される。

ログが適用されました。メディア・リカバリが完了しました。 

(6) インスタンス起動(リセットログ)

SQL> alter database open resetlogs;

resetlogs オプションでインスタンスを起動する。
(ログ順序番号が1にリセットされる)

以上。可能なら復旧したタイミングで、コールドバックアップを取得。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ