バックグラウンドプロセスのあれこれ

データベースを裏方的な役割を担っているバックグラウンドプロセス。
簡単に言うと、SGA 内のバッファ領域とデータファイルや REDO ログファイル
などの I/O を管理している。

プロセスは多数存在するが、OS や Oracle のバージョン、使用している
オプション製品によって内容は異なる。例えば、ASM を使用している場合や、
RAC の場合は固有プロセスがあるため数が増える。

『バックグラウンドプロセスのあれこれ 』の続きを読む »

行移行と行連鎖の基礎

行移行と行連鎖の基礎について。
双方ともにパフォーマンスに影響がある為、可能な限り回避する設計・運用が必要。

『行移行と行連鎖の基礎 』の続きを読む »

Oracleユーザのアカウントロックを解除する方法

データベースへ接続する時に、 ORA-28000: アカウントがロックされています。
というエラーが表示された場合、メッセージ通りだが、その Oracle ユーザが
アカウントロックされていることを示している。

『Oracleユーザのアカウントロックを解除する方法 』の続きを読む »

CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法

既存データベースのキャラクタセットを変更・変換する場合、
移行ユーティリティの CSALTER を使用する。
Oracle9i までは alter database characterset が利用できたが、
10g 以降廃止されている。

『CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法 』の続きを読む »

NLS_LANGの確認と変更方法

Oracle データベースへ接続する際には、NLS_LANG の設定を意識する必要がある。異なる
キャラクタセットが混在する環境においては、手動で切替を行うケースを行うこともしばしば。

『NLS_LANGの確認と変更方法 』の続きを読む »

1 / 512345

このページの先頭へ