datapump impdpで制約エラーを回避する方法

通常、インポートの際に プライマリキー( PK )項目が既存データと重複する場合、
制約違反でエラーになってしまう。これを回避するためには、2つの方法がある。
(1) QUERY オプション
(2) DATA_OPTIONS オプション

『datapump impdpで制約エラーを回避する方法 』の続きを読む »

datapump impdpコマンド(インポート)のまとめ

Oracle データベースの datapump でインポートを行う際は、
対象範囲によって、以下のようにパラメータを使い分ける。

『datapump impdpコマンド(インポート)のまとめ 』の続きを読む »

datapump expdpコマンド(エクスポート)のまとめ

Oracle データベースの datapump でエクスポートを行う際は、
対象範囲によって、以下のようなパラメータを使い分ける。

『datapump expdpコマンド(エクスポート)のまとめ 』の続きを読む »

datapumpを使用するための準備手順

datapump は、oracle10g より導入された移行ツールであり、データベースに
格納されているデータやオブジェクトのメタデータのインポートやエクスポートが可能。
従来の export/import ユーティリティと比較すると、処理性能が向上している。

「データパンプ」や「データポンプ」と呼び方はまちまちだったりするが、
前者の方が多い印象。

『datapumpを使用するための準備手順 』の続きを読む »

DataPump レガシーモード(11gR2新機能)

Oracle11gR2 で DataPump の新機能「レガシーモード」が追加された。
まだ実際に試せていないので、概要のみ紹介する。

『DataPump レガシーモード(11gR2新機能) 』の続きを読む »

このページの先頭へ