表領域のデータファイル構成(単一 vs 複数)

Oracle データベースでは、表領域に対して複数データファイル構成とすることが
一般的になってきているが、その比較材料を簡単に整理してみた。

『表領域のデータファイル構成(単一 vs 複数) 』の続きを読む »

テーブルが属する表領域を変更する方法

テーブルが属する表領域を変更をするには、alter table ~ move コマンドで行う。

『テーブルが属する表領域を変更する方法 』の続きを読む »

表領域の削除時オプションの違い

表領域の削除コマンドは drop tablespace 表領域名 で行うが、
データ、データファイル、制約などの扱いをオプションで指定できる。

drop tablespace でスッキリ削除とはいかない。
論理削除されるが、データファイルや制約が残骸として残っている。

『表領域の削除時オプションの違い 』の続きを読む »

表領域使用率の確認方法

表領域ごとの合計サイズ、使用サイズ、空きサイズ、使用率などの情報を参照するには、
データディクショナリの dba_data_files、dba_free_space を確認する。

『表領域使用率の確認方法 』の続きを読む »

表領域のデータファイル追加手順

SYSTEM などの Oracle 標準表領域は、データファイルとの関係が 1:1 だが、
アドオン表領域については 1:n であることも多い。ここでは既存表領域への
データファイル追加の手順を紹介する。

『表領域のデータファイル追加手順 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ