OracleDBサーバのホスト名変更に伴う修正リスト

既にデータベースが稼動している Oracle サーバのホスト名を変更する場合、
以下のファイル定義を確認のうえ、修正する必要がある。


修正ポイント

環境によりけりなので、参考まで。

・リスナー・パラメータ(listener.ora)
・ローカルネーミング・パラメータ(tnsnames.ora)
・プロファイル・パラメータ(sqlnet.ora)
・初期化パラメータ(定義されている場合)
・運用プログラム(シェル、バッチ等)
・EMDCリポジトリ、ファイル

補足

・パラメータ・ファイルの格納パス「$ORACLE_HOME/network/admin」
・Enterprise Manager Database Contorol(EMDC) を利用している場合は、
リポジトリや構成ファイルの再作成が必要となる。

$ emca -config dbcontrol db -repos recreate

IP変更ならともかく、ホスト名変更は出来れば避けたいのがDBAの本音ですな(笑。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ