11g新機能 遅延セグメント

Oracle11g リリース2(以下、R2)で、遅延セグメントという新機能が追加された。

従来、テーブルを作成するときにデータを insert していなくても、セグメントが
割り当てられていたが、insert が実行されるまで遅延可能というものらしい。


従来の状態

すぐにデータが insert されるなら問題はないが、データが存在しない
期間があると、その時点では無駄なセグメント利用と言える。
作成されるオブジェクト数が多いなら尚更。

遅延セグメントなら

遅延セグメントを使用することで、insert が実行されるまで
遅延させることが出来るようになった。

テーブルだけでなく、インデックスなども対象。
※ パーティションテーブルは対象外。

この動作は 11gR2 からデフォルトだが、遅延セグメントを使用せず
従来通りとしたい場合は、初期化パラメータ deferred_segment_creation に
false を設定すればよいらしい。

11gR1 環境では下記の通り、パラメータの結果が返されない。

SQL> show parameter deferred_segment_creation

deferred_segment_creation 自体も R2 新設の初期化パラメータのようだ。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ