最新情報

テーブル名のリネーム方法

既存のテーブル名をリネームするには、alter table ~ rename コマンドで行う。

『テーブル名のリネーム方法 』の続きを読む »

最大同時接続数(セッション数)の確認方法

インスタンス起動以降、同時に接続されたセッション数の最大値を
確認するには、動的パフォーマンスビューの v$license の
sessions_highwater 列を参照する。

『最大同時接続数(セッション数)の確認方法 』の続きを読む »

パスワードファイルの作成手順(SYSDBA接続)

システム権限の SYSDBA や SYSOPER でデータベースに接続する場合、
OS 認証とパスワードファイル認証の2つの方式がある。
(どちらも利用可能な場合は、OS 認証が優先される)

『パスワードファイルの作成手順(SYSDBA接続) 』の続きを読む »

表領域の削除時オプションの違い

表領域の削除コマンドは drop tablespace 表領域名 で行うが、
データ、データファイル、制約などの扱いをオプションで指定できる。

drop tablespace でスッキリ削除とはいかない。
論理削除されるが、データファイルや制約が残骸として残っている。

『表領域の削除時オプションの違い 』の続きを読む »

REDOログの生成量計測・見積もり方法

DML(insert、update など)や DDL(create、drop など)で、
REDO ログの生成量を確認したい場合、動的パフォーマンスビューの
v$sysstat を参照することでおおよそのサイズがわかる。

『REDOログの生成量計測・見積もり方法 』の続きを読む »

このページの先頭へ