実行結果列をセパレータで区切る変更方法(SET COLSEP)

SQL*Plus のシステム変数 colsep で、列の間の区切り文字(セパレータ)を
変更できる。(デフォルトはスペースが指定されている)


構文

SET COLSEP { | text }

※ コマンドの省略実行は不可。

デフォルトの場合

SQL> show colsep
colsep " "

→ スペースが指定されていることが分かる。

例)任意のクエリを実行

SQL> select instance_name, host_name, status from v$instance;

INSTANCE_NAME   HOST_NAME   STATUS
--------------- ----------- --------
ORCL            HOGE        OPEN

区切り文字(セパレータ)を | に変更

SQL> set colsep '|'

変更を確認

SQL> show colsep
colsep "|"

変更後

SQL> select instance_name, host_name, status from v$instance;

INSTANCE_NAME  |HOST_NAME  |STATUS  
---------------|-----------|--------
ORCL           |HOGE       |OPEN    

ちょっとレポートっぽく出力したい時に使える。

関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ