SQLプロンプトを変更する方法 (SET SQLPROMPT)

SQL*Plus のシステム変数 sqlprompt で、画面のプロンプト表示を
変更することができる。


構文

SET SQLP[ROMPT] { SQL> | text }

※ [] 内は、省略可能。

あまり変更されない変数ではあるが、例えば複数インスタンスが混在する環境では、
インスタンス名を設定することで、接続先間違い防止に役立つかもしれない。

インスタンス名

SQL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
--------------
ORCL

現在のプロンプト設定値を確認

SQL> show sqlprompt
sqlprompt "SQL> "

・set sqlprompt "任意の値> "

指定した値に変更される。
※ 見づらくなるので > の後ろに、半角スペースは入れたほうがよい。

“SQL> ” → “ORCL> ” に変更する場合

SQL> set sqlprompt "ORCL> "

ORCL>
ORCL> select instance_name from v$instance;

INSTANCE_NAME
--------------
ORCL

SET コマンドで指定しているので、セッション中のみ有効。

関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ