DBインスタンス停止のオプション

データベースを停止する shutdown コマンドには、オプションがいくつか存在する。
それぞれの特徴や動作の違いをまとめてみた。


オプション

shutdown normal

デフォルト。normal は省略可能なので付けなくてもよい。
新規接続はブロックするが、接続中のユーザが自ら切断するのを待ってから停止する。

shutdown transactional

新規接続はブロックするが、全トランザクションが終了するのを待ってから停止する。

shutdown immediate

全トランザクションが終了するのを待たずにロールバックして、セッション切断後に即時停止。
整合性が保証されたオプションの中では一番高速。

shutdown abort

障害が発生し、通常のシャットダウンが行えない場合にのみ使用する即時異常停止。
強制的に停止させるため、整合性は保証されない。 abort 終了後の初回起動では
インスタンス回復が必要となる。

実際の使用頻度

(少) transactional < abort < normal < immediate (多)

これまで数え切れないくらいこのコマンドを打ってきたが、
immediate が一番多い。transactional を指定したことは殆どなし。
・・abort は、まぁアレですよ。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ