statspackのインストール手順

Oracle11g には AWR があるので、いまさら statspack ? という声もあるが、
エディションの制限上、AWR を利用できない SE や SE one 環境は statspack
を利用するしかない。(AWR を利用するには、EE + Diagnostics Pack が必要だったはず)

Oracle12g で AWR や statspack がどのような扱いとなるかは不明だが、
まだまだ第一線で活躍してくれるはず。

なので、復習もかねて statspack のインストール手順を紹介する。


構築手順

(1) sysdba でログイン

% sqlplus / as sysdba

(2) statspack 用の表領域作成

SQL> create tablespace hoge datafile '<ファイルパス>' size 500m
     autoextend on next 50m segment space management auto;

(3) 表領域確認

SQL> select tablespace_name from dba_tablespaces;

(4) インストールスクリプト ( spcreate.sql ) の実施

SQL> @?/rdbms/admin/spcreate.sql

(5) 初期化パラメータ確認

SQL> show parameter timed_statistics

NAME                  TYPE        VALUE
--------------------- ----------- -----
timed_statistics      boolean     TRUE

–> TRUE であること

SQL> show parameter statistics_level

NAME                  TYPE        VALUE
--------------------- ----------- -------
statistics_level      string      TYPICAL

–> TYPICAL であること

SQL> show parameter job_queue_processes

NAME                  TYPE        VALUE
--------------------- ----------- -----
job_queue_processes   integer     1000

–> 1 以上であること


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ