スナップショットレポートの作成手順

Statspack でスナップショットレポートを作成するには、spreport.sql を実行する。
プロンプトで begin_snap と end_snap の番号と、出力ファイル名を指定するため、
予め決定しておく。


spreport.sqlの実行

SQL> @?/rdbms/admin/spreport.sql

Current Instance

 ~~~ 中略 ~~~

Specify the Begin and End Snapshot Ids
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
begin_snapに値を入力してください: 1334 --> ※開始ID を入力
Begin Snapshot Id specified: 1334

end_snapに値を入力してください: 1335   --> ※終了ID を入力
End   Snapshot Id specified: 1335


Specify the Report Name
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
The default report file name is sp_1334_1335.  To use this name,
press  to continue, otherwise enter an alternative.

report_nameに値を入力してください:     --> ※レポート名を入力

Using the report name sp_1334_1335     --> 未入力の場合は、sp_開始ID_終了ID で作成される。

 ~~~ 中略 ~~~

End of Report ( sp_1334_1335.lst )

レポートはカレントディレクトリへ出力される。
レポートサイズは数百 KB 程度だが、スナップショットレベルによって異なる。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ