CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法

既存データベースのキャラクタセットを変更・変換する場合、
移行ユーティリティの CSALTER を使用する。
Oracle9i までは alter database characterset が利用できたが、
10g 以降廃止されている。

『CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法 』の続きを読む »

統計情報の自動収集(Analyze)とNUM_ROWS

過去のバージョンでは、運用タスクとして analyze を実行するのが
一般的だったが、Oracle10g 以降ではデフォルトで 1回/日 22:00~6:00 の間に
統計情報が自動収集されるようになった。

『統計情報の自動収集(Analyze)とNUM_ROWS 』の続きを読む »

リスナーログの格納場所が11gから異なる

Oracle10g 以前、リスナーログファイル(listener.log) は、
$ORACLE_HOME/network/log に格納されていたが 11g ではパスが変わっている。

『リスナーログの格納場所が11gから異なる 』の続きを読む »

ASM(自動ストレージ管理)についてのまとめ

Oracle10g よりストレージ管理機能の ASM(Automatic Storage Magement) が
使用可能となった。

『ASM(自動ストレージ管理)についてのまとめ 』の続きを読む »

このページの先頭へ