統計情報の自動収集(Analyze)とNUM_ROWS

過去のバージョンでは、運用タスクとして analyze を実行するのが
一般的だったが、Oracle10g 以降ではデフォルトで 1回/日 22:00~6:00 の間に
統計情報が自動収集されるようになった。

『統計情報の自動収集(Analyze)とNUM_ROWS 』の続きを読む »

/tmpに出力される.SHMDJOXSHM_EXTファイル

Oracle11g 環境で、ディスク容量が切迫しているので不要ファイルの掃除を行っていたら、
/tmp の使用率が高くなっていて、なぜ /tmp が?と思い確認してみると
「.SHMDJOXSHM_EXT」 という名前からはじまるバイナリファイルが大量に出力されていた。

『/tmpに出力される.SHMDJOXSHM_EXTファイル 』の続きを読む »

statspackのインストール手順

Oracle11g には AWR があるので、いまさら statspack ? という声もあるが、
エディションの制限上、AWR を利用できない SE や SE one 環境は statspack
を利用するしかない。(AWR を利用するには、EE + Diagnostics Pack が必要だったはず)

Oracle12g で AWR や statspack がどのような扱いとなるかは不明だが、
まだまだ第一線で活躍してくれるはず。

なので、復習もかねて statspack のインストール手順を紹介する。

『statspackのインストール手順 』の続きを読む »

リスナーログの格納場所が11gから異なる

Oracle10g 以前、リスナーログファイル(listener.log) は、
$ORACLE_HOME/network/log に格納されていたが 11g ではパスが変わっている。

『リスナーログの格納場所が11gから異なる 』の続きを読む »

自動診断リポジトリ(ADR)・インシデント

Oracle11g より ORA-600、ORA-7445、ORA-4031などクリティカルエラーが発生した場合、
自動診断リポジトリ( ADR : Automatic Diagnostic Repository )が作成される。

『自動診断リポジトリ(ADR)・インシデント 』の続きを読む »

1 / 3123

このページの先頭へ