CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法

既存データベースのキャラクタセットを変更・変換する場合、
移行ユーティリティの CSALTER を使用する。
Oracle9i までは alter database characterset が利用できたが、
10g 以降廃止されている。

『CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法 』の続きを読む »

バックアップモードの切替方法

物理バックアップには、Oracle データベースを停止して取得するコールドバックアップ
と、起動状態のままバックアップモードに切替えて行うオンラインバックアップ
(=ホットバックアップ)がある。

『バックアップモードの切替方法 』の続きを読む »

REDOログのメンバー障害からのリカバリ方法

REDOログファイル2メンバーの多重構成で運用中に、あるグループの1メンバーが
消失したケースを想定した、リカバリの流れを解説する。
(このリカバリ手順は、健在なメンバーが存在する時という条件付き。)

『REDOログのメンバー障害からのリカバリ方法 』の続きを読む »

データファイルの手動拡張方法

データファイルは自動拡張( autoextend )が当たり前になってきているが、
もし自動拡張が負荷の高い処理中に行われると、パフォーマンスに悪影響を
与えてしまう可能性が懸念される。

『データファイルの手動拡張方法 』の続きを読む »

REDOログ順序番号の初期化方法

ログ順序番号の初期化(リセット)方法を紹介する。

Oracle データベースでは障害に備えて変更情報を REDO ログに出力し、循環利用している。
アーカイブログモードで運用中のデータベースでは、REDO ログが循環し
上書きされる前に log_archive_dest パラメータで設定したディレクトリへ退避する。

『REDOログ順序番号の初期化方法 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ