表領域の削除時オプションの違い

表領域の削除コマンドは drop tablespace 表領域名 で行うが、
データ、データファイル、制約などの扱いをオプションで指定できる。

drop tablespace でスッキリ削除とはいかない。
論理削除されるが、データファイルや制約が残骸として残っている。

『表領域の削除時オプションの違い 』の続きを読む »

データファイルの手動拡張方法

データファイルは自動拡張( autoextend )が当たり前になってきているが、
もし自動拡張が負荷の高い処理中に行われると、パフォーマンスに悪影響を
与えてしまう可能性が懸念される。

『データファイルの手動拡張方法 』の続きを読む »

表領域のデータファイル追加手順

SYSTEM などの Oracle 標準表領域は、データファイルとの関係が 1:1 だが、
アドオン表領域については 1:n であることも多い。ここでは既存表領域への
データファイル追加の手順を紹介する。

『表領域のデータファイル追加手順 』の続きを読む »

データファイル全損障害からのリカバリ方法

データファイルが全損。こんな由々しき事態に遭遇したら、冷や汗タラタラものだが
データファイルのバックアップとアーカイブログがあればリカバリ可能だ。
こんな時ほど、ナメるなよ!と DBA 魂を全開に(キリッ

ここではオンラインバックアップからの戻しを想定した、メディアリカバリの流れを解説する。
(制御ファイルやREDOログファイルは生きている前提)

『データファイル全損障害からのリカバリ方法 』の続きを読む »

2 / 212

このページの先頭へ