リスナーログ(listener.log)の最大サイズと切替方法

リスナーログ(listener.log)には、リスナー経由の接続情報が出力されていて、
エラー発生時などの調査で参照されるファイル。アラートログなどと同様に
監視対象として設定しておき、通常時はあまり参照されないことも多いはず。

リスナーログをローテーションして切替えたり、不要な過去ログを
退避するような運用が定めていればよいが、何もせず放置していると
膨大なサイズになってしまう。

『リスナーログ(listener.log)の最大サイズと切替方法 』の続きを読む »

RAC基礎&起動停止順序のまとめ

RAC (Real Application Clusters) は、各サーバでインスタンスが稼働していて、
可用性とスケーラビリティの向上を目的とした環境である。(2台以上の構成)
HA 構成が Active/Standby であるのに対し、RAC 構成は Active/Active となる。

『RAC基礎&起動停止順序のまとめ 』の続きを読む »

リスナーログの格納場所が11gから異なる

Oracle10g 以前、リスナーログファイル(listener.log) は、
$ORACLE_HOME/network/log に格納されていたが 11g ではパスが変わっている。

『リスナーログの格納場所が11gから異なる 』の続きを読む »

Oracle自動起動・停止(rcスクリプトdbora)

Unix/Linux 環境では、OS を起動停止する際に rc スクリプトを用いることで
Oracle データベースやリスナー、Enterprise Manager の自動起動・停止が可能。

『Oracle自動起動・停止(rcスクリプトdbora) 』の続きを読む »

リスナーの起動・停止コマンド(lsnrctl)

リスナーは、DBWR (データベースライター)や LGWR (ログライター)などの
プロセスとは異なり、Oracle インスタンスの起動/停止に左右されない。

『リスナーの起動・停止コマンド(lsnrctl) 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ