接続ユーザが所有するオブジェクト一覧

接続ユーザが所有するテーブル、ビュー、シノニムなどのオブジェクト情報を
確認するには、tab テーブルを参照すればよい。

『接続ユーザが所有するオブジェクト一覧 』の続きを読む »

順序(シーケンス)の基礎まとめ

順序を使用することで、一意な番号を取得することができる。シーケンスとも呼ぶ。
連番をプログラム内で使いたい時などに役立つ。

『順序(シーケンス)の基礎まとめ 』の続きを読む »

既存オブジェクト再作成DDLの取得方法

Oracle データベースでは、既存オブジェクト再作成用の SQL (DDL) を
作成するファンクションが提供されている。

実はコレ、用途によっては利用価値が高いので、目から鱗状態の人も少なくないはず。
作成するには、DBMS_METADATA.GET_DDL ファンクションを使用する。

『既存オブジェクト再作成DDLの取得方法 』の続きを読む »

datapumpを使用するための準備手順

datapump は、oracle10g より導入された移行ツールであり、データベースに
格納されているデータやオブジェクトのメタデータのインポートやエクスポートが可能。
従来の export/import ユーティリティと比較すると、処理性能が向上している。

「データパンプ」や「データポンプ」と呼び方はまちまちだったりするが、
前者の方が多い印象。

『datapumpを使用するための準備手順 』の続きを読む »

このページの先頭へ