11g新機能 遅延セグメント

Oracle11g リリース2(以下、R2)で、遅延セグメントという新機能が追加された。

従来、テーブルを作成するときにデータを insert していなくても、セグメントが
割り当てられていたが、insert が実行されるまで遅延可能というものらしい。

『11g新機能 遅延セグメント 』の続きを読む »

11g新機能 リザルトキャッシュと従来キャッシュの違い

Oracle11g から、リザルトキャッシュという新機能が追加された。

この機能は実行された SQL を SGA にキャッシュするもので、
同じクエリを複数回実行された場合に、キャッシュ情報が
使用されるため、パフォーマンスが向上するというもの。

『11g新機能 リザルトキャッシュと従来キャッシュの違い 』の続きを読む »

Oracle11g デフォルトの高度セキュリティ設定を維持

Oracle11g よりデータベースのセキュリティが強化された。
DBCA で作成時に、11g のデフォルトの高度セキュリティ設定を維持 という
チェックボックスのある画面で、有効にすると適用される。

『Oracle11g デフォルトの高度セキュリティ設定を維持 』の続きを読む »

起動中のインスタンスからpfileやspfileを作成

Oracle11g より、メモリから初期化パラメータファイル
pfile(テキスト) や spfile(バイナリ) を作成することが可能になった。

『起動中のインスタンスからpfileやspfileを作成 』の続きを読む »

pfile、spfileのどちらが使用されているかを確認する方法

通常は、spfile (バイナリ初期化パラメータ)で運用している環境が大半だと思うが、
例えば spfile が壊れてしまった場合に、臨時で pfile から起動することがある。

『pfile、spfileのどちらが使用されているかを確認する方法 』の続きを読む »

3 / 3123

このページの先頭へ