行移行と行連鎖の基礎

行移行と行連鎖の基礎について。
双方ともにパフォーマンスに影響がある為、可能な限り回避する設計・運用が必要。

『行移行と行連鎖の基礎 』の続きを読む »

Statspackのスナップショットレベルとサイズ見積もり

Statspack では、スナップショットレベルが以下のように定義されている。

『Statspackのスナップショットレベルとサイズ見積もり 』の続きを読む »

SQL*Plus フェッチ行数の変更方法 (SET ARRAYSIZE)

Oracle データベースから1度にフェッチする行数は、SQL*Plus のシステム変数
ARRAYSIZE で決定される。 設定上限値は 5000 で、デフォルトは 15 となっている。

『SQL*Plus フェッチ行数の変更方法 (SET ARRAYSIZE) 』の続きを読む »

11g新機能 リザルトキャッシュと従来キャッシュの違い

Oracle11g から、リザルトキャッシュという新機能が追加された。

この機能は実行された SQL を SGA にキャッシュするもので、
同じクエリを複数回実行された場合に、キャッシュ情報が
使用されるため、パフォーマンスが向上するというもの。

『11g新機能 リザルトキャッシュと従来キャッシュの違い 』の続きを読む »

このページの先頭へ