接続先インスタンスを確認する習慣を

インスタンスに接続する場合は sqlplus の実行前に、ORACLE_SID をセットする必要がある。
1インスタンスしか存在しない環境ならよいのだが、複数インスタンスが
乱立しているような環境では注意が必要。

『接続先インスタンスを確認する習慣を 』の続きを読む »

バックアップモード切替手順<表領域>

表領域をバックアップモードに切替えて、コールドバックアップする方法の一例。

『バックアップモード切替手順<表領域> 』の続きを読む »

バックアップモード切替手順<データベース全体>

データベース全体をバックアップモードに切替えて、コールドバックアップする方法の一例。

『バックアップモード切替手順<データベース全体> 』の続きを読む »

SCNからタイムスタンプを算出する方法

Oracle は整合性を維持するためにコミット単位で SCN(System Change Numbers)
という順序をふっている。これは内部的なタイムスタンプであって、
システム変更番号とも呼ばれる。

『SCNからタイムスタンプを算出する方法 』の続きを読む »

最大同時接続数(セッション数)の確認方法

インスタンス起動以降、同時に接続されたセッション数の最大値を
確認するには、動的パフォーマンスビューの v$license の
sessions_highwater 列を参照する。

『最大同時接続数(セッション数)の確認方法 』の続きを読む »

1 / 512345

このページの先頭へ