SQL*Plusオートコミット方法(SET AUTOCOMMIT)

通常 insert、delete、update などの DML を実行した後、トランザクションを
確定するための commit (または取り消すための rollback) の手動実行が必要だが、
オートコミットを有効にすれば、自動化が可能になる。

『SQL*Plusオートコミット方法(SET AUTOCOMMIT) 』の続きを読む »

SQL*Plus フェッチ行数の変更方法 (SET ARRAYSIZE)

Oracle データベースから1度にフェッチする行数は、SQL*Plus のシステム変数
ARRAYSIZE で決定される。 設定上限値は 5000 で、デフォルトは 15 となっている。

『SQL*Plus フェッチ行数の変更方法 (SET ARRAYSIZE) 』の続きを読む »

実行結果列をセパレータで区切る変更方法(SET COLSEP)

SQL*Plus のシステム変数 colsep で、列の間の区切り文字(セパレータ)を
変更できる。(デフォルトはスペースが指定されている)

『実行結果列をセパレータで区切る変更方法(SET COLSEP) 』の続きを読む »

SQLプロンプトを変更する方法 (SET SQLPROMPT)

SQL*Plus のシステム変数 sqlprompt で、画面のプロンプト表示を
変更することができる。

『SQLプロンプトを変更する方法 (SET SQLPROMPT) 』の続きを読む »

確認メッセージの表示・非表示を変更する方法

SQL*Plus のシステム変数 feedback で、メッセージ表示・非表示や
画面に表示する最低件数を指定できる。

『確認メッセージの表示・非表示を変更する方法 』の続きを読む »

1 / 41234

このページの先頭へ