SQL*Plus 空白の出力を変更する方法

SQL*Plus のシステム変数 tab で、空白を空白として表示するか、
または、タブ文字として表示するかを変更できる。

『SQL*Plus 空白の出力を変更する方法 』の続きを読む »

システム変数 SUFFIX で拡張子を変更・省略する

SQL*Plus のシステム変数 suffix で、参照するスクリプトの拡張子を変更できる。

Oracle に接続中、スクリプトファイルを実行したい場合は 「SQL> @test.sql」 のように
ファイルの先頭に @(アットマーク)を付ければよい。ここではシステム変数 suffix の
指定を参照するため、デフォルトのままでよければ拡張子を省略できる。

『システム変数 SUFFIX で拡張子を変更・省略する 』の続きを読む »

システム変数 PAGESIZE でページ行数を変更する

クエリ結果が1ページサイズに収まらない時、複数のブロックに分かれて出力されるが、
まとめて出力させたい場合がある。そんな時 SQL*Plus のシステム変数 pagesize を
使えば、1ページサイズあたりの行数を変更できる。

『システム変数 PAGESIZE でページ行数を変更する 』の続きを読む »

SQL*Plusで変更前後の変数値を表示する方法

同じ初期化パラメータを何度も変更していると、
変更前のパラメータ値を失念してしまう事もあるかもしれない。

そんな時 SQL*Plus のシステム変数 showmode を使えば、
変更前後の設定値を確認できる。

『SQL*Plusで変更前後の変数値を表示する方法 』の続きを読む »

システム変数 PAUSE で画面表示を一時停止する

SQL*Plus で SQL を実行するとクエリ結果が流れてしまい、
いちいち画面をスクロールで戻って確認するのがめんどーなことがある。

そんな時 SQL*Plus のシステム変数 pause を使えば、クエリの結果出力を
一画面に収まる範囲で一時停止させることが可能。

『システム変数 PAUSE で画面表示を一時停止する 』の続きを読む »

4 / 41234

このページの先頭へ