接続先インスタンスを確認する習慣を

インスタンスに接続する場合は sqlplus の実行前に、ORACLE_SID をセットする必要がある。
1インスタンスしか存在しない環境ならよいのだが、複数インスタンスが
乱立しているような環境では注意が必要。

『接続先インスタンスを確認する習慣を 』の続きを読む »

statspackのインストール手順

Oracle11g には AWR があるので、いまさら statspack ? という声もあるが、
エディションの制限上、AWR を利用できない SE や SE one 環境は statspack
を利用するしかない。(AWR を利用するには、EE + Diagnostics Pack が必要だったはず)

Oracle12g で AWR や statspack がどのような扱いとなるかは不明だが、
まだまだ第一線で活躍してくれるはず。

なので、復習もかねて statspack のインストール手順を紹介する。

『statspackのインストール手順 』の続きを読む »

リスナーログの格納場所が11gから異なる

Oracle10g 以前、リスナーログファイル(listener.log) は、
$ORACLE_HOME/network/log に格納されていたが 11g ではパスが変わっている。

『リスナーログの格納場所が11gから異なる 』の続きを読む »

11g メモリの新パラメータ(memory_target)

これまで Oracle インスタンスのメモリ関連の初期化パラメータには、
(1) を使用していたが、Oracle11g より (2) のパラメータが追加された。

(1):sga_target、sga_max_size、pga_aggregate_target
(2):memory_target、memory_max_target

『11g メモリの新パラメータ(memory_target) 』の続きを読む »

11g新機能 遅延セグメント

Oracle11g リリース2(以下、R2)で、遅延セグメントという新機能が追加された。

従来、テーブルを作成するときにデータを insert していなくても、セグメントが
割り当てられていたが、insert が実行されるまで遅延可能というものらしい。

『11g新機能 遅延セグメント 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ