バックアップモード切替手順<表領域>

表領域をバックアップモードに切替えて、コールドバックアップする方法の一例。

『バックアップモード切替手順<表領域> 』の続きを読む »

Statspackのスナップショットレベルとサイズ見積もり

Statspack では、スナップショットレベルが以下のように定義されている。

『Statspackのスナップショットレベルとサイズ見積もり 』の続きを読む »

表領域のデータファイル構成(単一 vs 複数)

Oracle データベースでは、表領域に対して複数データファイル構成とすることが
一般的になってきているが、その比較材料を簡単に整理してみた。

『表領域のデータファイル構成(単一 vs 複数) 』の続きを読む »

テーブルが属する表領域を変更する方法

テーブルが属する表領域を変更をするには、alter table ~ move コマンドで行う。

『テーブルが属する表領域を変更する方法 』の続きを読む »

表領域の削除時オプションの違い

表領域の削除コマンドは drop tablespace 表領域名 で行うが、
データ、データファイル、制約などの扱いをオプションで指定できる。

drop tablespace でスッキリ削除とはいかない。
論理削除されるが、データファイルや制約が残骸として残っている。

『表領域の削除時オプションの違い 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ