ORA-00020の回避方法(初期化パラメータ変更)

「ORA-00020 最大プロセス数を超えました」は、初期化パラメータ processes で
定義している最大プロセス数に達した際に発生するエラー。

意図せずプロセス数が増加している場合、根本原因となるプログラムが何かを
調べる必要があるが、パラメータを増やすことでエラーの抑制は可能。


パラメータ値変更

変更前の確認(デフォルト)

SQL> show parameter processes

NAME      TYPE    VALUE
--------- ------- -----
processes integer 150

processes パラメータの変更

SQL> alter system set processes = 200 scope =spfile;

システムが変更されました。

※ 変更は即時反映されない(再起動後に有効)

データベース再起動

SQL> shutdown immediate
データベースがクローズされました。
データベースがディスマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。

SQL> startup
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

変更後の確認

SQL> show parameter processes

NAME      TYPE    VALUE
--------- ------- -----
processes integer 300


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ