アクセス統計を収集する

ヒートマップとは、アクセス統計を収集する機能であり、
データは SYSAUX 表領域へ格納される。

ヒートマップは、初期化パラメータ heat_map で設定する。
動的パラメータのため、インスタンスを停止することなく設定変更が可能。

ヒートマップの有効化

インスタンス・セッション単位で可能。

インスタンス単位

SQL> alter system set heat_map = ON;

インスタンス単位で有効化すると、アクセス統計だけでなく、
ADO(自動データ最適化)も対象となる。

セッション単位

SQL> alter session set heat_map = ON;

統計データを参照

dba_heat_map_segment テーブル

  • full_scan
  • フルスキャン日時を記録

  • segment_write_time
  • 変更スキャン日時を記録

  • lookup_scan
  • 索引(インデックス)スキャン日時を記録

    dba_heat_map_seg_histogram テーブル

  • full_scan
  • フルスキャン YES・NO

  • segment_write
  • 変更スキャン YES・NO

  • lookup_scan
  • 索引(インデックス)スキャン YES・NO

    関連記事