リスナーの概要とlistener.oraの格納先ディレクトリ

リスナーは簡単に言うと、クライアントからの接続要求を処理するサーバ側のプロセス。
パラメータファイルの listener.ora の定義に従ってリスナーが動作する。


リスナーの基礎知識

リスナーのデフォルトポートは 1521。
複数インスタンスが混在する環境では、ひとつのリスナーを共用することもあるし、
LSNR2(1522)、LSNR3(1523)のように個々に作成して運用することもある。

リスナーは指定されたポートに張り付いて監視していて、ネットサービス名が指定
された接続リクエストを受け付ける。そしてそのリクエストから接続先のデータベース
情報をレスポンスするという感じ。

listener.ora が格納されているパスはプラットフォームにより異なる。

Windows 環境の listener.ora

Windows ならデフォルトで %ORACLE_HOME%\network\admin 。
または、環境変数 TNS_ADMIN やレジストリで指定したフォルダも可能。

Unix、Linux 環境の listener.ora

Unix や Linux ならデフォルトで $ORACLE_HOME/network/admin。
または、グローバル構成ディレクトリも可能。Solaris なら /var/opt/oracle 。

※ このパスは、oraInst.loc や oratab なども格納されているディレクトリ。


関連記事

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ