NLS

Oracle データベースへ接続する際には、NLS_LANG の設定を意識する必要がある。異なる
キャラクタセットが混在する環境においては、手動で切替を行うケースを行うこともしばしば。

NLS_LANG確認方法

% echo $NLS_LANG
Japanese_Japan.JA16SJIS

変更方法

Shift-JIS を指定

export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16SJIS

EUC を指定

export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC

Tera Term などのターミナルエミュレータで telnet や ssh 接続を
行う場合は、こちらも設定を合わせないと、文字化けする。

また、Tera Term の場合[設定]-[端末]の 漢字(受信) と
漢字(送信) についても合わせて変更が必要。

関連記事