現在のメモリ値から初期化パラメータファイルを生成

Oracle11g 以降、メモリから初期化パラメータファイル
pfile(テキスト) や spfile(バイナリ) を作成することが可能になった。

pfile作成

spfile ⇔ pfile の相互作成は良く知られているが、メモリから作成するのは
まだ馴染みがないと思う。構文は from memory とするだけ。

SQL> create pfile='/home/oracle/init.ora' from memory;

ファイルが作成されました。

spfile作成

SQL> create spfile='/home/oracle/spfile.ora' from memory;

ファイルが作成されました。

メモリから作成された初期化パラメータファイルを確認

SQL> !ls -l
合計 36
-rw-r--r--   1 oracle   dba    5181 10月 12日  22:23 init.ora
-rw-r-----   1 oracle   dba   11796 10月 12日  22:23 spfile.ora

pfile(テキスト)

SQL> !more init.ora
# Oracle init.ora parameter file generated by instance ORCL on 10/12/2010 22:23:08
__db_cache_size=344M
__java_pool_size=32M
__large_pool_size=8M
__oracle_base='/opt/app/oracle' # ORACLE_BASE set from environment
(以下、略)

spfile(バイナリ)

SQL> !more spfile.ora
C"ェH+配C
C"k?*.__db_cache_size=344M
*.__java_pool_size=32M
*.__large_pool_size=8M
*.__oracle_base='/opt/app/oracle' # ORACLE_BASE set from environment
(以下、略)

関連記事