drop tablespaceコマンド

表領域の削除コマンドは drop tablespace 表領域名 で行うが、
データ、データファイル、制約などの扱いをオプションで指定できる。

drop tablespace でスッキリ削除とはいかない。
論理削除されるが、データファイルや制約が残骸として残っている。

オプション

including contents

表領域にデータがあれば削除

including contents and datafiles

データファイル(.dbf)も削除
これを付けないと、残骸が残る。

including contents cascade constraints

参照する整合性制約も削除

オプションは drop tablespace 表領域名 の後に続けて指定する。

関連記事