CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法

既存データベースのキャラクタセットを変更・変換する場合、
移行ユーティリティの CSALTER を使用する。
Oracle9i までは alter database characterset が利用できたが、
10g 以降廃止されている。

『CSSCAN 仕組みやインストール、実行方法 』の続きを読む »

SQL*Plus接続時のコマンド自動実行方法

SQL*Plus 接続時に実行されるコマンドファイルで、サイトプロファイル用の
glogin.sql と、ユーザプロファイル用の login.sql の2種類ある。

『SQL*Plus接続時のコマンド自動実行方法 』の続きを読む »

SQL実行時のコマンドエコーを表示する方法

@ や START で SQL スクリプトファイルを実行した場合、
デフォルトでは結果のみが表示され、実行コマンドそのものが出力されない。

でも、状況によってコマンドエコーを表示したいこともあるはず。そんな時は、
SQL*Plus のシステム変数 echo で、スクリプト実行時のコマンドエコーを表示できる。

『SQL実行時のコマンドエコーを表示する方法 』の続きを読む »

SQLトレース[実行計画/統計情報]取得の準備手順

トレースを取得するためには、初回だけ事前作業としてロールの作成・付与と、
格納するテーブルの作成が必要。その方法を紹介する。

『SQLトレース[実行計画/統計情報]取得の準備手順 』の続きを読む »

statspackスクリプト(spcreate.sql)の実行手順

Oracle データベースの statspack インストールスクリプト( spcreate.sql )実行中に、
パスワード、デフォルト表領域、TEMP 表領域の入力を求められる。
実際に spcreate.sql を実行した時に様子を紹介する。

『statspackスクリプト(spcreate.sql)の実行手順 』の続きを読む »

1 / 212

このページの先頭へ