v$versionを確認する

sql*plus ログイン時に以下のように表示されるので、
あまり使用することはないかも知れないが、確認したい場合は
動的パフォーマンスビューの v$version を参照すればよい。

v$version

SQL> select banner from v$version;

BANNER
=========================================================
Oracle Database 11g Release 11.1.0.6.0 - Production
PL/SQL Release 11.1.0.6.0 - Production
CORE    11.1.0.6.0      Production
TNS for Solaris: Version 11.1.0.6.0 - Production
NLSRTL Version 11.1.0.6.0 - Production

PSU、CPU、個別パッチなどは適用してもバージョンに反映されないため、
確認が必要ならば opatch コマンドで行う。

関連記事