Oracleの主要なビューを把握する

Oracle データベースの稼働中に変化し続ける、動的パフォーマンスビュー。
DBA でなくても、参照する機会はあるはずなので押さえておきたいポイント。

動的パフォーマンスビューとは

その名の通りビューであり、その実体は SYS スキーマが所有する v_$ から
始まるテーブルとなる。その v_$ テーブルに対してビューが作成され、
お馴染みの接頭辞 v$ のパブリックシノニムが定義されている。

動的パフォーマンスビューに対しては select のみが可能。
総数は数百にも及ぶため、全てを把握するのはほぼ不可能なので、
頻繁に参照するであろうビューの内容を紹介する。

v$controlfile

制御ファイル情報

  • name:制御ファイル名(フルパス)
  • status:ステータス(通常 NULL)
  • block_size:ブロックサイズ
  • v$database

    データベース情報

  • name:データベース名
  • log_mode:アーカイブログモード
  • v$datafile

    データファイル情報

  • file#:ファイル識別番号
  • ts#:表領域番号
  • status:ステータス(オンライン、オフラインなど、システム表領域のみ SYSTEM )
  • bytes:データファイルサイズ
  • name:データファイル名(フルパス)
  • v$instance

    現行インスタンス情報

  • instance_name:インスタンス名
  • host_name:ホスト名
  • version:バージョン
  • startup_time:起動日時
  • status:ステータス(マウント、オープンなど)
  • v$logfile

    REDO ログファイル情報

  • group#:REDO ロググループ番号
  • status:ステータス(通常 NULL)
  • member:REDO ログファイルメンバー名(フルパス)
  • v$option

    インストールされているオプション情報

  • parameter:オプション名
  • value:利用可否
  • v$parameter

    現行セッションで有効なパラメータ情報

  • name:パラメータ名
  • display_value:パラメータ値
  • (※ value 列のバイト値が KB や MB に変換されている)

  • isses_modifiable:alter session での変更可否
  • issys_modifiable:alter system での変更可否
  • ismodified:起動後に変更有無
  • isdeprecated:パラメータが非推奨か
  • v$process

    現行プロセス情報

  • pid:プロセス ID
  • spid:OS プロセス ID
  • username:OS ユーザ
  • program:プログラム(プロセス単位)
  • tracefile:トレースファイル名(フルパス)
  • pga_used_mem:プロセスが使用中の PGA サイズ
  • v$session

    現行セッション情報

  • sid:セッション ID
  • serial#:セッションシリアル番号
  • username:Oracle ユーザ名
  • status:セッション状態(アクティブ、インアクティブなど)
  • server:サーバータイプ(専用、共有など)
  • osuser:接続 OS ユーザ名
  • machine:マシン名
  • v$sga

    システムグローバルエリアの概要

  • name:sga のコンポーネント(バッファ領域)
  • value:サイズ(byte)
  • v$version

    コンポーネントのバージョン情報

  • banner:コンポーネント、バージョン
  • 動的パフォーマンスビューはビュー単体では、情報が不足することがあるので、
    複数のビューを結合して参照することも多い。

    ざっとだが、こんな感じ。

    関連記事