SQL*Plusで折り返すデータが見づらい時

SQL*Plus のシステム変数 wrap で、1行に収まらない行を折り返さずに
切り捨てることができる。

構文

SET WRA[P] { ON | OFF }

※ [] 内は、省略可能。

デフォルト

SQL> show wrap
wrap : 行がラップされます

→ 有効(ON とは表示されない)

例)dba_tablespaces テーブルのクエリを実施

SQL> select tablespace_name, block_size, extent_management,
     segment_space_management from dba_tablespaces;

TABLESPACE_NAME                          BLOCK_SIZE
---------------------------------------- ----------
EXTENT_MANAGEMENT    SEGMENT_SPAC
-------------------- ------------
SYSTEM                                         8192
LOCAL                MANUAL

SYSAUX                                         8192
LOCAL                AUTO

UNDOTBS1                                       8192
LOCAL                MANUAL

TEMP                                           8192
LOCAL                MANUAL

PRFTBS                                         8192
LOCAL                AUTO

CSPTBS                                         8192
LOCAL                AUTO

USERS                                          8192
LOCAL                AUTO


7行が選択されました。

→ 折り返されて表示されている。

変更

SQL> set wrap off

変更を確認

SQL> show wrap
wrap : 行が切り捨てられます

→ 無効(OFF とは表示されない)

同じクエリを実施

SQL> select tablespace_name, block_size, extent_management,
     segment_space_management from dba_tablespaces;


TABLESPACE_NAME                          BLOCK_SIZE EXTENT_M
---------------------------------------- ---------- --------
SYSTEM                                         8192 LOCAL
SYSAUX                                         8192 LOCAL
UNDOTBS1                                       8192 LOCAL
TEMP                                           8192 LOCAL
PRFTBS                                         8192 LOCAL
CSPTBS                                         8192 LOCAL
USERS                                          8192 LOCAL

7行が選択されました。

→ 行に収まらない segment_space_management 列が折り返されず、切捨てられている。
切り捨てしたくない場合は、システム変数 linesize を使用すればよい。

関連記事